関西大学建築学科建築CAD演習 2021-2022

  ku-kentchikucad.net 2021-2022

前へ
次へ

新着情報

2021-9-13
建築CAD演習1 授業概要 に 建築CAD演習履修者への事前案内文 をアップしました。
■■■ ここから上は(建築CAD演習2021-2022)CAD1 ■■■■
2020-01-20
PC購入上の注意を加えました。
2019-12-20
作品例に『ル・コルビュジェ「ロンシャンの教会」の制作』を加えました。
2019-08-25
ページをパッド、スマホ、PC全てに対応するようリニューアルしました。メニューバーからの選択で移動します。

CADとは


◆ CAD図面 ◆

CAD (Computer Aided Design) は電算機援用設計または電算機援用設計システムである。JIS規格には(JIS B 3401-1993 (1)0103)に『製品の形状,その他の属性データからなるモデルを,コンピュータの内部に作成し解析・処理することによって進める設計』と定義される。
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/CAD
  • CAD1

  • CAD2

Topへ戻る




◆ BIMと応用 ◆

BIM(Building Information Modeling)は、3次元の形態を電算機上に可視化して表示する3Dモデリングを応用して、3次元モデルを建物の設計・工程・ライフサイクル全般にわたって活用するシステム。BIMはIFCと呼ばれるファイルフォーマットに対応し、意匠・構造・設備・積算・施工・維持管理におけるデータを包括することで、建設業界のソフトウェア・アプリケーション間のデータ共有化とその相互運用を可能にする。
国土交通省は2010年度、官庁営繕事業にBIMを試行導入し、設計・施工から維持管理に至る過程で一貫してBIMを活用し、「施設整備・保全に係る行政コストの削減、官庁施設の品質確保、及び官庁施設における顧客満足度の向上」を目指す取り組みを開始している。
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/CAD
  • BIM1

  • BIM2

Topへ戻る




◆ 必要機材 ◆  本演習で用いるハードウェアとソフトウェア

建築CAD演習1、演習2 共通のソフト・機材

CAD: CAD演習1はJWCAD(無償) / CAD演習2はArchiCAD(学生無償)
Office: Webブラウザ版(無償版がある)またはパッケージ版Officeを使用できる状態にしておくこと。
他:  CAD演習2ではPCの性能を酷使するため電源ケーブルは必ずつなぐこと。

 PC推奨仕様 [性能◎ 軽さ△ 価格×]

CPU: Core i9、Core i7またはCore i5で第8世代のもの以上
メモリ:  16GB以上(できれば32GB)
SSD: 500GB以上(できれば1TB)
OS :  64bit の Windows10 または macOS 10.14.5 Mojave以上

 演習2のアニメーションレンダリングには時間がかかるPC仕様 [性能△ 軽さ◎ 価格〇]

CPU: Core i7またはCore i5で第5、6世代(型番が5000から6000番台)のもの以上
メモリ:  8GB以上
SSD:  256GB以上
OS :  64bit の Windows10 以上 または macOS 10.13.6 High Sierra 以上

Topへ戻る



CAD演習のための知識

他のページに移動します。

ページのトップへ戻る