関西大学建築学科建築CAD演習 2019-2020

  ku-kentchikucad.net 2019-2020

前へ
次へ

作品例


◆ 曲面を持つ建物の3D-CADによる取扱い方について


ArchiCadの通常使用する建築系ツール(柱、壁、床など)やオブジェクトツールで造形できない場合、モルフツールがある。モルフツールは(ポリゴンモデラー)で使い方はYouTubeに次の資料がある。

<< "モルフツール"でYouTube検索 >>
   モルフツールの紹介  1:16
   マジックワンドを使ってモルフを作成する 1:23
   モルフ面のプッシュ/プル
   回転モルフ形状の作成 2:39
   選択した要素からモルフを作成する
   モルフの基準高さを設定する
   3Dのボックス形状モルフ要素の作成
   モルフ面を膨らませる
   面でモルフをボックスストレッチ
   コーナーでモルフのボックスストレッチ
   などの説明多数


本日のはじめへ戻る

Topへ戻る




◆ 有限要素と曲面




◆ ヘンリー・ムーア Henry Spencer Moore 「Large Two Forms」の制作



完成イメージ

Large Two Formsを題材として情報収集(yorkshire sculpture park henry moore)
※スクリーンショットなどで20枚程度の連続する写真、を集めたい
● イメージの収集と分類 (ArchiCAD20
● ポリゴンモルフによるオブジェの構成軸制作 (ArchiCAD20
● 回転モルフによるオブジェの主構成オブジェクトの制作・調整 (ArchiCAD20
● オブジェクトの組み上げ・調整(ArchiCAD20
● オブジェクトの仕上げ(論理和、平滑化)(ArchiCAD20


本日のはじめへ戻る

Topへ戻る




◆ ル・コルビュジェ Le Corbusier 「ロンシャンの教会 Chapelle Notre-Dame du Haut Ronchamp」の制作




クリックで動画再生

ロンシャンの教会を題材として: 図面写真収集
● 躯体構成の理解のために:資料
● 参考図面を配置する(ArchiCAD22
● 参考図面を元に寸法を出す(ArchiCAD22
● 壁の制作(ArchiCAD22
● 塔上部ドームの制作(ArchiCAD22
● 屋根の制作(ArchiCAD22
● 壁(断面が連続的に変化する)の加工(ArchiCAD22
● 造作物の制作(ArchiCAD22
● ステンドグラスの制作(ArchiCAD22
● 3D-CADのレイヤーの特徴と形態の整理
● ロンシャンの教会の各階の平面構成と作り込み
● 建具等についての裏技(jpg画像の貼り付け等)
● OpenMapから地形データを取り出す(ArchiCAD22

本日のはじめへ戻る

Topへ戻る




◆ ル・コルビュジェ Le Corbusier 「サヴォア邸 Villa Savoye」の制作



maiking

サヴォア邸を題材として: 図面写真収集
● 躯体構成の理解のために:資料1 資料2 資料3 資料4
● 参考図面を配置し柱、壁を配置(ArchiCAD23
● 複雑な壁を配置、フロアの調整(ArchiCAD23
● フロアの調整2 スロープ(ArchiCAD23
● フロアの調整3 階段( coming soon )
● OpenMapから地形データを取り出す ロンシャンの教会を例に(ArchiCAD22

本日のはじめへ戻る

Topへ戻る



CAD演習のための知識

他のページに移動します。

ページのトップへ戻る